スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風味堂のボーカル渡和久が入籍発表!!

「愛してる」などのヒット曲で知られる3人組ロックバンドの風味堂のボーカル兼ピアノ担当の渡和久さんが先月末に一般の方と入籍していた事が5月15日に分かった。相手の方は任しておらず、挙式と披露宴は行わない予定だそうです。
全国の皆さんのファンに公平に発表したいという渡和久さんの強い意志で、ライブ中の発表ではなく今日16日の未明に公式ホームページでも発表すると言う形になった。本人が書いた自画像イラストから漫画の吹き出し風に私 渡和久は、この度結婚しました。これからも変わらず良い曲をお届けできる様、精進していきます。応援よろしくお願いします。とコメントしている。

そんな風味堂・渡和久について調べてみました。

渡和久 1977年10月31日福岡県生まれ。ボーカルおよび、ピアノ担当で作詞・作曲も担当し、リーダーも勤めている。3歳のころからピアノの先生をやっていた母親からピアノを習う。しかし、ピアノは女の子がするものだと思い、その抵抗感からやめた。しかし、18歳のときにオスカー・ピーターソンを見て男がピアノを弾く姿に憧れピアノを再び始めた。全てのライブや写真で帽子をかぶっていて、すっかり帽子キャラが定着してしまい、人前でははずせなくなってしまった。そして、中富雄也と鳥口JOHNマサヤらで、2000年にギターレスの3ピースで風味堂を結成する。そして、デビュー当時は食卓塩と名乗っていた。その後2004年11月10日にシングル眠れぬ夜のひとりごとでメジャーデビューし、2005年にナキムシのうたがブレイクし一躍スターダムに上っていった。その後も、ヒットを連発し、愛してるが大ヒットし幅広い年齢層に受け入れられるようになった。

結婚で結婚に対するすばらしい歌をもっともっとたくさん作り上げてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080515-00000020-oric-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。