スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUCK-TICKのギタリストの今井寿さんが結婚

ロックバンドBUCK-TICKのギタリスト、今井寿さんが結婚した事が5月14日にBUCK-TICKのホームページで発表した。今井寿さんは結婚しました。ロックンロールな人生にブースターがかかる感じっつーか・・・。ま、見守ってやってくださいな。 と、ファンに報告した。相手の女性については詳細を明かされていないが、2月29日に婚姻届を提出した。
頬に「B-T」のトレードマークが書かれている今井寿さんは、BUCK-TICKのほとんどの楽曲の作曲を担当しながら、右利きながら左利き用のレフティ・ギターを使用することでも有名である。BUCK-TICKのほかにも、藤井麻輝さんとのユニット・SCHAFTやギタリストのKIYOSHIさん、ドラマーの岡崎達成さんとのLucyでも活動している。

そんなBUCK-TICKの今井寿さんについて調べてみました。

今井寿 1965年10月21日群馬県生まれ。1984年にBUCK-TICKの前身バンドである「非難GO-GO」を結成していた。その後、バンド名を「BUCK-TICK」に改名する。そして、1987年9月21日にビクターインビテーションよりメジャーデビューした。1991年にはSCHAFTを結成し、1994年には本格始動し、次々と音楽活動を展開していく。初期の頃はBUCK-TICKのほとんどの曲に作詞をしていたが、TABOO以降は1つのアルバムに1,2曲書く程度である。エピソードとしてはお金使いが荒く、CDやビデオなどを50~100枚単位で購入していた。しかし、ビデオを100本買ったときにビデオが壊れ、一つも見ていないという話しをラジオでも披露していた。TVにおいてカラオケなのに生放送っぽく演出するのを嫌っているため、ギターソロの部分でチューニングしたり、両手をあげたり、ギターに弦を張らずに出ることもある。演奏にプライドを持っているアーティストの1人であることを如実に表すエピソードの一つです。

結婚で結婚に対するすばらしい歌をもっともっとたくさん作り上げてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080515-00000048-spn-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。