スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野知子 50歳で4歳年下の新聞記者と結婚へ!!!

女優でエッセイストの星野知子さんが結婚した。5月21日のスポーツ報知によると相手は、新聞社勤務のAさん46歳と5月12日に都内の区役所にそろって婚姻届を提出した事がわかった。
80年にNHKの朝の連続ドラマ小説のなっちゃんの写真館でデビューして28年もの間、全く浮いた話などなかった星野知子さんが、9年前に知人の食事会で年下のAさんと知り合い、星野知子さんがキャスター経験もあり時事問題に興味があったことから意気投合したという。Aさんは2008年3月まで海外特派員として主にアフガンやイラクなどへ赴任していた。その間に、電話とメールで頻繁にやりとりし、50歳で結婚を決めたという。今は都内のマンションで暮らしているが、来年には神奈川県の鎌倉に新居を構える予定だという。

そんな星野知子さんについて調べてみました。

星野知子 1957年10月3日新潟県生まれ。法政大学社会部を卒業し、大学では環境問題をテーマとする金山ゼミに所属していた。本名は星野路子である。1980年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説 なっちゃんの写真館でデビューした。1981年から85年にかけてフジテレビ系列のドラマ版のサザエさんでサザエ役を演じた。幻の湖で映画デビューを果たす。その後は1987年から89年にはテレビ朝日系列の夕方のニュースワイドニュースシャトルでキャスターを務め、現在ではドラマや、ドキュメンタリー番組の他にエッセイストとしても活躍している。

これからも末永くお幸せになっていただけることをお祈りしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080524-00000002-gen-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。