スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビー元日本代表の吉田義人さんと歌手の大西亜里と結婚!

5月30日にラグビー元日本代表のWTBとして活躍した吉田義人さんが結婚する事明らかになった。結婚するお相手はシンガーソングライターの大西亜里さんで7月20日に都内で親族や友人ら400人ほどを招いて披露宴を行う予定だ。
二人は2006年8月に、吉田義人さんと同郷の先輩であるプロ野球元横浜の石井浩郎さんの結婚式ではじめて出会って以来、友人と食事などをともにするグループ交際を開始した。とても気配りのできる人と話す、吉田義人さんは2007年の2月に交際の申し込みと同時にいきなりプロポーズをした。決めるときは決めるからと、現役時代差ながらんおスピード感あふれるアタックで見事に大西亜里さんのハートにトライを決めた。吉田義人さんは現役引退後の2004年から横河電機のコーチに就任し昨シーズンは悲願のトップリーグ昇格を支えた。大西亜里さんも来月の6月4日にファーストミニアルバム幸せの言葉をエイベックス・エンタテインメントからリリースされた。

そんな吉田義人さんについて調べてみました。

吉田義人 1969年2月16日秋田県生まれ。秋田工業高校から明治大学に進学し、明治大学ラグビー部では1年からレギュラーで活躍した。1988年には19歳で日本代表に選ばれ、1989年の対スコットランド戦ではトライを挙げるなど歴史的勝利にも貢献した。明治大学4年時には主将として大学日本一に導いた。早明戦では才能のあまり練習を怠けていたチームを目覚めさせ、一代で学生最強集団に復活させた。90年代の明治黄金時代は吉田主将の奮闘がきっかけであり、吉田義人さんを明治史上最高のキャプテンと評価する声は今でも多い。俊足に加え多少のタックルなら振り切る足腰の強さ、ステップやスワーブの巧みさ、トライに対する執着心の強さから、日本史上屈指のトライゲッターとされている。吉田義人さんの唯一の弱点は非常に小柄であるという点である。しかし、それを上回るプレーのキレとスピードから大事な場面でトライを取りきるインパクトからいまだに日本が世界に誇るウイングとして語り継がれている。

吉田義人さんは、お互い人が好きなので、仲間が多く集える家庭にしたいと笑顔で大西亜里さんと目を合わせているところを見ると、これからも円満な家庭を築いていかれそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080531-00000018-nks-spo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。