スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チノパンこと千野志麻さんが双子の男児を出産

元フジテレビアナウンサーの千野志麻さんが6月5日に都内の病院で男児の双子を出産されました。千野志麻さん自身の公式プログによると、2156グラムと2034グラムで母子共に健康だそうだ。
今まで味わった事のないような幸福感と感動で涙が止まりませんでした。出産は奇跡ですねとブログで報告した。低体重児のたまに新生児集中治療室に入ることも明かした。千野志麻さんは2006年4月に福田康夫首相のおいで外資系証勤務で10歳年上の男性と結婚していた。出産予定日は7月だったので心配されましたが本当に健康な双子さんを出産になられてよかったと思います。

そんな千野志麻さんのプロフィールについて調べてみました。

千野志麻 1977年8月9日静岡県生まれ。不二聖心女子学院中学校・高等学校を経て、聖心女子大学文学部を卒業する。父親の慎一郎は建築士で、2003年から沼津市議会議員を務めている。名前は志麻でしおと読み、キリスト教徒である両親が聖書のあなたがたは世の光・血の塩であるから引用した。人間にとって欠かせない存在になってほしいとの願いが込められている。3歳から大学2年生まで、クラシックバレエをやっていた。趣味は、フラワーアレンジメント、旅行である。2003年春から交際し、バリやハワイなどに旅行する姿も目撃されていた横手新一さんと2006年に結婚した。そして、今回2008年6月5日に帝王切開で双子の男児を出産した。

新しい命を一度に二つも手に入れ、大変な事も多いと思いますが、無理をする事なく頑張ってもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000003-ykf-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。