スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元ブラン娘の立川絵理さんが難産の末第1子を出産!!

立川絵理さんが第1子となる男の子を6月7日に出産した事を自身のブログで明らかにした。立川理恵さんはTBS系で放送されている王様のブランチのリポーターブラン娘の一員として活動していた事がある。出産の方は30時間にも及ぶ難産だったらしく立川絵理さんは無事予定日から三日3600gの立派な第1子を出産いたしましぁー!!私も母です。と喜びの言葉をブログに書き込んでいた。
6月6日の午前三時ごろに陣痛が始まった立川絵理さんは30時間近いお産になってしまい、最後の最後になって帝王切開の可能性まで出てしまうなかなかの難産でございました。と告白した。だが、徹夜で腰をさすり続けてくれた母と主人に思わず助けてくれぇと対応に困ることをわめいていました。でもここまで頑張ったんだから大丈夫、絶対緒大丈夫といてくれる、母、主人、先生方に励まされ、どうにか精神をつなぎとめ、必死の呼吸と訳のわからない規制の末、帝王切開はせず、生む事が出来ました。と明かした。

そんな立川絵理さんのプロフィールについて調べてみました。

立川絵理 1983年11月24日福岡県生まれ。津田塾大学を卒業後王様のブランチのリポーターとして、2004年から2007年12月まで活躍していた。10歳までアメリカ・テネシー州在住であったため、英語に堪能である。王様のブランチの番組何でも、綺麗な発音の英語でインタビューする様子がたびたび見られた。女王様のブランチで作家デビューも果たしている、TBSのケイタイサイトTBSブックスで読む事も出来る。2007年12月31日に形成外科医と結婚し、その時に妊娠している事も所属事務所より発表された。2008年1月15日にブログを開設すると同時に芸能界を引退する事も発表した。

これからも、出産に立ち向かった力を夫婦生活に生かして、これからも頑張っても欲しいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000002-oric-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。