スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッキー・マーティンが双子のお父さんになった!

ラテンポップス歌手のリッキー・マーティンさんが8月21日に代理出産で生まれた双子の男児の父親になったとAP通信が報じた。
双子が生まれたのは2・3週間前だという。プエルトリコで生まれた。1998年のサッカーW杯フランス大会の公式テーマ曲や、リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカなどのヒット曲で知られている。

そんな幸せいっぱいなリッキー・マーティンさんのプロフィールについて調べてみました。

リッキー・マーティン 1971年12月24日プエルトリコ生まれ。1984年に当時スペイン語圏およびアメリカで大人気を誇っていたプエルトリコ出身の少年ボーカルアイドルグループ、メヌードの追加メンバーとしてデビューした。1989年に脱退後はメキシコに活動の拠点を移すと、1997年のマリアのフランスでのヒットを受けて1998年の1998FIFAワールドカップでテーマソングであるザ・カップ・オブ・ライフを歌い、その後1999年にリヴィン・ラ・ヴィダ・ロタで全米デビューを果たし、以後活動拠点をアメリカに移した。1999年に発売したアルバムのRicky Martin Here I Amは全世界でも1700万枚以上販売し、日本でも100万枚以上のセールスとなった。ユニセフの活動にも積極的に参加しており、Ricky Martin Foundation を設立していて、世界中の学校へ行けずに働かされている子供達や津波などで家をなくした子どもたちに教育の場などを与える活動を続けている。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080822-00000012-sanspo-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

楽天ブックス ライフスタイル 犬激安通販 おもちゃ 1985年モノワイン オーガニックコスメ クリーム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。