スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵丸親方が一般の女性と結婚していた

大相撲の元横綱である武蔵丸親方が2008年の4月に結婚していた事が8月28日に分かった。関係者によると、相手は横浜市内でフラダンス教室を経営している榎本雅美さんと結婚していた事が分かった。8月23日にハワイで挙式を行ったという。
武蔵丸親方は大関時代の1996年の1月に日本国籍を取得し、2003年九州場所で現役を引退し、現在は武蔵川部屋で後進の指導に当たっている。

そんな幸せいっぱいな武蔵丸親方さんのプロフィールについて調べてみました。

武蔵丸 本名は武蔵丸光洋で、旧名はフィヤマル・ペニタニ。1971年5月2日アメリカ生まれ。大相撲入りの勧誘を受けて、大きな身体を生かして家系を助けようと決心し武蔵川部屋に入門する。1989年9月場所に初土俵を踏み、1991年11月場所に新入幕して、すぐに敢闘賞を受賞した。大きな身体を生かした突き押しと、右四つからのよりが持ち味の相撲を得意とした。新入幕のときから曙と一緒のハワイアンコンビは若貴兄弟の終世のライバルとなるだろう。と記述されていた。日本人力士の中に入っても、髪が黒の直毛で体型も腰高ではなかったため浮き上がる事が無く、大関傷心にも渋い顔をするファンがほとんどいなかった。1994年に貴ノ浪と同時に大関に昇進すると、貴ノ浪と好敵手として長く名勝負を繰り広げた。武蔵丸対貴ノ浪の幕内対戦回数58回は、大相撲史上1位の記録である。その後、15勝全勝で幕内初優勝を果たした。それは、史上初の外国出身力士による全勝優勝だった。その後、横綱になり、数々の名勝負を繰り広げ、2003年に惜しまれつつも引退した。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000104-jij-spo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

食わず嫌い 中華菓子 猫通販 しつけ用品 茶芸館で中国茶! 中国留学
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。