スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂大輔 松坂大輔夫人の柴田倫世が破局の危機から結婚・出産の秘話を明かした

元日本テレビアナウンサーの柴田倫世が、夫であるボストン・レッドソックスの松坂大輔投手との出会いから、第一子出産や現在にいたるまでの秘話を綴った初のエッセイ集スマイルを3月12日に発売した。
6歳年上の姉さん女房として知られているが、年の差で悩んで交際時には自ら別れ話を切り出したというエピソードをはじめ、結婚までの紆余曲折や松坂のお父さんっぷりを妻ならではの視点でリアルにつづっている。 雑誌JJで2005年から約3年間掲載された巣マイレージ主義をまとめた今回のエッセイ「スマイル」のカバーには、昨年12月に撮り下ろしたという妊婦姿の柴田倫世が掲載されている。家族3人での微笑ましい写真や松坂との2ショット写真など多数の秘蔵写真が収録されている。

今期2年目のジンクスに打ち勝つ事が期待される松坂大輔について調べてみました。

松坂大輔 1980年9月13日青森県生まれ。東京都江戸川区のリトルリーグ出身。高校時代は「サボリのマツ」と言われるほどの練習嫌いであったが、2年次の夏の甲子園県予選での対横浜商業高校選で、自身の暴投によるサヨナラ負け以来奮起し、MAX152km/hの豪速球と切れ味鋭いスライダー・カーブ・チェンジアップを武器に平成の怪物と称される。その後も、甲子園で延長17回という長丁場の試合に250球を投げ完投勝利。そして、決勝戦では史上二人目となるノーヒットノーランという快挙を成し遂げた。そして、プロでも西武ライオンズで活躍し、オリンピックやメジャーでも活躍するスーパースターになっていった。

お子さんも生まれて公私共にノリに乗った二人をこれからも見守っていきたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。