スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルフ”鈴木崇司アナ 一般の客室乗務員の方と結婚おめでとうございます!!

日本テレビのアナウンサーである鈴木崇司が4月18日金曜日に都内の区役所に婚姻届を提出していた事が4月20日月曜日に明らかになった。結婚相手で奥さんになる女性は外資系航空会社に勤務する客室乗務員で挙式の予定は現在のところ未定だという。
鈴木崇司アナウンサーは、4月21日月曜日に放送された日本テレビ系番組アナパラの中でまもなく34歳になるので、またゼロからスタートしたいと思いますと、自信が出演するレギュラー番組のタイトルに掛けつつ、顔を赤らめながら照れた様子でコメントしていた。他の出演者から入籍についての心境を聞かれると、こちらから取材する事はあるけど、自分が同じ立場になるとは思わなかったと話し、西尾由佳理アナウンサーらがおめでとうと声をかけるとスタジオはお祝いムードに包まれた。

そんな鈴木崇司アナウンサーについて調べてみました。

鈴木崇司 1974年4月25日東京都生まれ。オーストラリア人と日本人とのハーフで、愛称はクリスチャンネームであるラルフである。なので、報道、情報番組は本名で担当するが、バラエティ番組等ではラルフ鈴木名義で出演する場合もある。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業した。1998年、アナウンサーとして日本テレビに入社し、自分の事を日本テレビの顔面熱帯雨林と言っている。そのためか本人の出演している番組は深夜が中心なの事実である。数少ないドイツ語・英語が話せるアナウンサーであり、かつサッカーをやっていた関係で、サッカー関連では頻繁に出演する。スポーツアナの位置を確立しつつあるが、最近ではNEWSZEROでニュースも頻繁に読むようになった。

アナウンサーとして活躍し続けるラルフ鈴木が、結婚で更なる熱意を持って実況を頑張ってもらい。サッカーのサポーターとして頑張ってもらいたいです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。