スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリtキリギリスの石井さんが一般女性とこじんまりと再婚

お笑いコンビ、アリtoキリギリスの石井正則さんが5月20日、神奈川県内の会社に勤める一般女性と結婚した。所属事務所が発表。2005年6月に知り合い、約4年の交際を実らせた。一般女性の方はは、身長158cmの石井さんにぴったりの147cmという小柄でキュートな女性。石井は「こぢんまりとした家庭を築きたい」とコメントを寄せていた。
所属事務所などによると、一般女性の方と知り合ったのは2005年6月に地元の横浜で仲間たちと食事をしている時に、友達のひとりが連れてきたのが一般女性だったという。結婚を決めた理由としては石井さんは一緒にいて楽しく安らげることもありますが、地元が同じ横浜で、自分の親と仲が良く大切にしてくれる」とマスコミ各社にあてたファクスで明らかにした。石井さんによると、一般女性は、歌手の大塚愛さんに似ており、かわいらしいタイプの花嫁に「小さくまとまったこぢんまりとした家庭を築きたい」と抱負を語っている。

そんな幸せ一杯のアリtoキリギリスの石井正則さんについて調べてみました。

石井正則 1973年3月21日神奈川県横浜市生まれ。1994年8月石塚義之さんとコンビを結成し1998年から黄金ボキャブラ天国にコンビで出演し、石井さんの滑舌良く礼儀正しい「サラリーマンキャラ」が好評を博し、全国的に知名度を得た。またコント中に時折見せる狂気じみた演技も好評を博した。ボキャブラ天国での活躍が、三谷幸喜さんの目にとまり、三谷幸喜作品に数多く出演している。近年では声優としても活躍をしている。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000046-sanspo-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

副業 競馬 競馬
スポンサーサイト

M-1王者のサンドウィッチマンの伊達みきおさんがフリーアナウンサーの熊谷麻衣子アナウンサーと結婚!

2007年Mー1王者のサンドウィッチマンの伊達みきおさんがフリーアナウンサーの熊谷麻衣子さんと7月に結婚することが5月11日にわかった。熊谷麻衣子さんがリポーターとして出演した事がきっかけとになって2人の交際が始まった。両者の事務所も間違いありませんと結婚の事実を認めている。
仙台から上京し、約10年間の長い下積み生活を経てM-1初の敗者復活から勝ち上がり、優勝を勝ち取った彼らと、同郷の熊谷麻衣子さんが番組で取材した時に意気投合し、昨年の秋ごろから真剣交際が始まったと言う。ブログでは結婚報道を受け、タレントの上地雄輔さんらも祝福メールがあり、楽天ゴールデンイーグルスの山崎武司選手からも祝福の電話があったという。

そんな幸せ一杯のサンドウィッチマの伊達幹夫さんについて調べてみました。

伊達みきお 本名は伊達幹生さん 1974年9月5日宮城県仙台市生まれ。仙台藩家臣で一家の家格をもっていた大條氏(独眼竜で有名な伊達政宗の9代前の当主・伊達宗遠の息子が分家)嫡流で明治期に伊達姓に復姓した家の出である。デビュー当初に父親から「伊達家の末裔であるから、本名は名乗るな」と言われたが、それに従わずに本名を名乗っていた。仙台商業高等学校卒業後に、ラグビー部の同級生だった富澤たけしさんと1998年にサンドウィッチマンを結成し、福祉用具専門相談員の資格を持っていて、コンビ結成前は福祉関係の仕事についていた。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://beauty-cdn.oricon.co.jp/news/65979/full/?cat_id=ytp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

白ロム 白ロム 白ロム

大泉洋さんがフジテレビのプロデューサーと入籍結婚!

タレントで俳優の大泉洋さんが5月2日に、入籍したことを発表した。お相手はフジテレビドラマ制作センターの中島久美子プロデューサーだという。マスコミ各社に宛てた大泉洋さん本人の直筆サイン入りファクスによると、昨春出演した同局系ドラマ「ロス:タイム:ライフ」がきっかけで放送後に交際を開始した。大泉洋さんにとって中島久美子さんは「未熟な私を精神的に強く支えてくれ、温かく見守ってくれる」存在だという。大泉洋さんが所属する演劇ユニットの「TEAM NACS」の、全国公演で初めて脚本・演出も手掛けた公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」が4月29日無事終了したことで、大泉洋さんの地元・北海道で婚姻届を提出した。また、大泉洋さんは所属事務所の公式ブログでもファンに入籍を報告した。「いつも応援してくださる皆様にご報告させていただきます。」という題で大泉洋さんは「北海道に基盤を持つ僕にとっては東京での仕事にまだどこかプレッシャーや不安を抱えている」自分を「本当にだらしなく未熟な自分を温かく見守ってくれる方です」と綴り、最後に「あぁ・・・・・・・・・こんなに緊張したダイアリー初めてだ・・・。」と現在の心境で締めた。
去年の9月にTEAM NACSの音尾琢真さんも結婚されてさらにTEAM NACSの活躍が期待されます!!

そんなしあわせいっぱいの大泉洋さんについて調べてみました。

大泉洋 1973年4月3日北海道生まれ。北海学園大学経済学部経済学科に入学し演劇研究会へ所属し、森崎博之さんらと仲良くなり、親友同士5人でTEAMNACSを結成し、演劇研究会および森崎博之さんの勧めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判になり、大学在学中に当時鈴井貴之さんが主宰する劇団の劇団員に認められ現在の事務所に所属することがきまった。1995年7月に鈴井貴之さんの斡旋下で深夜番組に出演するようになり、1996年に北海道テレビの深夜番組水曜どうでしょうに出演開始し北海道内でのタレント活動が活発化していった。2005年には救命病棟24時にて全国ネットの連続ドラマ初出演した。以後も、いろいろな人気ドラマに多く出演し、歌手としても活躍していった。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000521-sanspo-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

白ロム 白ロム 白ロム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。