スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーアナウンサーの宮根誠司さんが結婚していたことをブログで報告した

フリーアナウンサーの宮根誠司さんが11月29日に自身のブログ宮根のブログ屋で結婚を報告した。お相手は37歳の一般の女性で書き込みで宮根誠司さんは近親者、大変お世話になった方の不幸が相次ぎまして、ご報告を控えさせて頂いておりましたとあかした。所属事務所社長の一周忌を終えたことで発表に至ったことを説明した。
今後、さらなるより良い番組つくり心がけ、皆様に応援して頂ける司会者になれる様、精進してまいりますと決意を語った。宮根誠司さんは2004年に朝日放送を退社し、フリーアナウンサーに転進し、局アナ時代から出演している朝日放送おはよう朝日ですや、日本テレビ系情報ライブミヤネ屋の司会を務め全国的にも人気を博している。

そんな幸せいっぱいな宮根誠司さんのプロフィールについて調べてみました。

宮根誠司 1963年4月27日島根県生まれ。1987年に朝日放送に入社し、入社2年目の1988年には後にタレント活動としての師匠にあたるやしきたかじんのラジオ番組に出演し、その際に番組内で新人アナウンサーをいじろうでやしきたかじんからアドレス帳をとられて生放送中にもかかわらず女性に電話をさせられてやすきたかじんのカンペで別れるよういわれ、女性関係をすべて失った。最後には母親に電話をかけさせられて会社の金を300万円使い込んだといったら母親そのまま倒れて耳鳴りを起こすことになる。その後、1994年からはおはよう朝日ですの単独司会を勤めるようになる。それまで朝のさわやかな情報番組を掲げていたが、宮根さんの単独司会を機に長年使われていたテーマソングやスタジオの変更、芸能情報コーナーの拡大等大幅なリニュアールが行われた。その象徴として、桃の節句と端午の節句の中間である4月4日が宮根さんの単独司会初日であったために、宮根を応援するためにオカマバーのホステスが本社前に集結しダンスを披露した。これは4月4日をオカマの節句といった宮根さんのジョークがきっかけだった。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000504-sanspo-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

トピックスニュースちゃらーん 経済ニュース、ちゃらーん エンタメニュースちゃらーん おっとと、スポーツニュースだよ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。