スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリックスの濱中治選手が一般の女性と結婚していた!

オリックスの濱中治外野手が12月6日に一般女性と結婚していたことが球団から発表された。濱中治外野手は12月6日に無事入籍しました。守るべき人ができたので、来シーズンはしっかり結果をだせるようにがんばりますとコメントした。
移籍1年目の今季はは85試合で打率が2割5分3厘のホームラン9本29打点と不本意な成績で終わってしまい、12月3日の契約更改では今季7000万円からの700万円ダウンでサインをした。それでも来期は浜ちゃんに期待していますと話す大石監督の期待にこたえるべく来期は愛妻の支えで定位置獲得を狙っている。

そんな幸せいっぱいな濱中治さんのプロフィールについて調べてみました。

濱中治 1978年7月9日和歌山県生まれ。オリックス・バッファローズに所属する選手。田辺市立芳養小・同明洋中から進んだ南部高では投手として、また打順は主に1番で活躍するも甲子園出場は逃す。高校通算51本塁打をはなっているが、51本目のホームランはレフト場外に消える民家直撃団だった。1996年にドラフト3位で阪神タイガースに指名され入団した。入団会見で甲子園で場外ホームランを打ちたいと発言し、和製大砲と期待された。阪神時代は不動のレギュラーである金本知憲と赤星憲広がいたため、ライトを務めることが多かったがオリックス移籍後は手術暦のある右肩への首脳陣の配慮からレフトとして起用されることが増えている。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081209-00000014-spn-spo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

トピックスニュースちゃらーん 経済ニュース、ちゃらーん エンタメニュースちゃらーん

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。