スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花田勝さんが国仲涼子似の28歳女性と結婚

元横綱3代目若乃花でタレントの実業家の花田勝さんが再婚したことが12月13日にわかった。この日、司会を勤めている読売テレビ系情報バラエティー週刊えみぃSHOWの収録で自ら明らかにした。お相手は28歳の一般女性だという。司会者の上沼恵美子さんら出演者から祝福され、花田勝さんは結婚を機にますます仕事をがんばっていきたいと幸せいっぱいの笑顔を見せた。
番組の途中で花田勝さんが突然実は、僕12月12日に入籍しまして、再婚しました!と告白し、スタジオは騒然となり、やがておめでとう!と祝福の言葉と拍手に変わった。司会の上沼恵美子さんからタレントでいうと誰に似ている?と問われた花田勝さんは国仲涼子さんにと答えた。タレント業に、ビジネスと多忙を極める花田勝さんを支える可憐でやさしく、芯の強い女性だとの事だった。

そんな幸せいっぱいな花田勝さんのプロフィールについて調べてみました。

花田勝 1971年1月20日東京都生まれ。背はあまり高いほうではなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。また人当たりの良い性格とトークも上手であったため力士時代からおにいちゃんの愛称で親しまれている。用紙や相撲の内容は実父の貴ノ花健士さんよりも叔父の初代若乃花を髣髴とさせていた。1988年3月場所で初土俵を踏み、弟花田光司とともに順調に出世し、1990年3月場所新十両になり、同年9月には新入幕を果たした。入幕して最初の頃は天性の勝負勘と強靭な足腰で相手の攻撃をしのいで技を繰り出して勝つという勝ち方が多かった。1991年9月場所には横綱旭富士を破り初めて金星を挙げた。その後、次々と活躍し、大関昇進後も順調に土俵を勤めていたが、1994年11月場所前に右腰を痛めてからしばらく低迷することになった。1995年11月場所に弟貴乃花との優勝決定戦を制して優勝を果たした。その後も、勝ち続け横綱になった。そして、現在ではビジネスでも大成功をしている。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081214-00000005-dal-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

トピックスニュースちゃらーん 経済ニュース、ちゃらーん エンタメニュースちゃらーん

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。