FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクの松田宣浩選手と柴田恵理アナウンサーと挙式

ソフトバンクの松田宣浩内野手が12月20日に、福岡市内のホテルでKBC九州朝日放送アナウンサーの柴田恵理さんと結婚式を挙げた。列席した松中選手や斉藤選手らにも祝福された。
新郎のあいさつはこれから2人で新しい人生が始まる。最高のパートナーを得たので、自分の手で守っていきたいと誓っていた。

そんな幸せいっぱいな松田宣浩さんのプロフィールについて調べてみました。

松田宣浩 1983年5月17日滋賀県生まれ。中京高等学校では遊撃手を守り、高校通算60本塁打を記録。亜細亜大学入学後も1年の時から本塁打を量産し、青山学院大学時代の井口資仁さんが持つ東都大学リーグ通算24本塁打の記録を更新することを期待されていたが、3年生の時に部員の不祥事が発覚し、亜細亜大学は二部へ降格してしまい、半年間の対外試合禁止の処分を受けたために、記録更新はならなかった。なお、3年生までの松田選手の本塁打は15本で、シーズン最多は2年次の秋の6本であった。その後、亜細亜大学で主将に就任した松田選手は2005年秋のリーグで優勝し、一部へ復帰した。この実績を認められ、福岡ソフトバンクホークスへの希望獲得枠入団を表明。ドラフト会議翌日には王貞治監督が自ら指名のあいさつに訪れた。入団決定時、福岡ソフトバンクホークスには3番・3塁手として活躍を期待された。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081220-00000003-nks_fl-base

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

就職 転職 求人 バイブ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。