スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしのえみさん舞台で結婚を報告元日に現実結婚♪

女優のはしのえみさんが1月7日に東京の日本橋浜町の明治座で劇団青年座の俳優、網島郷太郎さんと元日に入籍したことを発表した。壇上に新郎さんを呼び込みお嫁にいきましたと報告した。はしのえみさんが17歳のころから面倒をみてきたタレントである萩本欽一さんは2人の姿をみて、娘が嫁に行く気分。泣けてきちゃったと眼を細めていた。
明治座で上演中の出演舞台「あらん はらん しらん」のカーテンコールで突然行われた。お嫁に行きたいのではなくお嫁に行きました。とはしのえみさんがお客さんにむかって話すと、1200人の観客はあっけに採られてしまうと、すかさず同舞台主演の萩本欽一さんが臨時ニュースを申し上げます。はしのえみが皆様の前で結婚したことを申し上げますと助け舟を出すと、温かい拍手に包まれた。続いて登場した網島郷太郎さんの手をしっかりとつないだはしのえみさんは式は今年中に挙げられればと、仲むつまじく報告した。出会いは2006年ではしのえみさんが初主演したTBS系昼ドラみこん六姉妹で婚約者役を演じたのが網島郷太郎さんだった。初対面の印象派感じのいい人だなぁとはしのえみさんは感じ、網島郷太郎さんはこんなにきれいな人とはとおもったようだった。その後、家が近いこともあり、すぐに意気投合し、代々木公園などで白昼デートをしていた、

そんな幸せいっぱいなはしのえみさんのプロフィールについて調べてみました。

はしのえみ 本名は網島恵美、1973年10月23日鹿児島県生まれ。鹿児島県私立桜丘中学校を卒業し、鹿児島県立松陽高等学校1年終了後に、単身上京し、萩本欽一さんプロデュースの演劇集団の欽ちゃん劇団出身で、在籍中は芝居に限らず、CHA-CHAのバックダンサーに参加したり、音楽ユニットCHU-CHUやブカブカなどに参加し、喜劇役者の中でもアイドル的活動をしていた。その後、1996年7月から大型情報バラエゲィー番組王様のブランチのブランチリポーターの仕事を射止めた、そして買い物好きのお姫様キャラで知名度と人気を得ていった。その後も、ドラマやバラエティで数々の活躍をしている。まさにマルチタレントといわれる人物の一人だ。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000042-sanspo-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

バイアグラ 出会う方法 就職

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。