スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長山洋子が米国人実業家と“ど・アラフォー婚”

歌手の長山洋子さんが4月6日の自身のブログでアメリカ人で人材派遣会社社長のマーク・スミスさんと4月6日付けで入籍したことを発表した。長山洋子さんはまだまだ未熟者ですが、今後ともご支援、ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願いいたしますと感謝の言葉を明かしている。
2人の出会いは、2006年に放送していたバラエティ「世界バリバリ★バリュー」で、女性芸能人が独身社長を直撃するというコーナーでの共演をきっかけで交際に発展していった。そして、その後3年間の交際期間を経てこの度の入籍にいたった。長山洋子さんのブログではアイドル歌手として16歳でデビューして、無我夢中で歌い続け、演歌に転身して16年。ふと気がつけば、ぼちぼち女としての幸せを考える、まさに「ど・アラフォー」に立っていましたと、つづっていた。入籍後も演歌歌手として今後も精力的に活動を続けていくという。

そんなしあわせいっぱいの長山洋子さんについて調べてみました。

長山洋子 1968年1月13日東京都生まれ。1984年に春はSA-RA SA-RAでアイドル歌手としてデビューした。1986年にはショッキング・ブルーのヴィーナスを日本語にしたカバーがヒットした。その後、女優としての経験も積み、1993年には「蜩」で演歌歌手として再デビュー。1995年には「でもねポーズ」で有名の「捨てられて」がリリースされ、現在の地位を築いていった。現在は演歌歌手をメインとして活動をしているが、アイドル歌手としてデビューしたこともあって、活動ジャンルは幅広く、芝居では喜劇役者としての側面も見せる。演歌歌手に転じて10年が経った2003年にアイドル時代にヒットしたヴィーナスをドレス姿で熱唱し、アイドル時代の歌を解禁した。

これから末永く幸せでいてもらいたいです。

http://beauty-cdn.oricon.co.jp/news/64932/full/?cat_id=ytp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

トピックスニュースちゃらーん 経済ニュース、ちゃらーん エンタメニュースちゃらーん

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。