スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの女王様が惚れた韓国俳優の結婚感!

韓流スターで人気No.1を誇るリュ・シウォンが、7枚目となる新曲愛してるを発売する時にイギリスの女王であるエリザベス2世とのエピソードを語った。
先祖は李氏朝鮮時代、豊臣秀吉が朝鮮出兵した際の宰相の柳成龍である。韓国では壬辰倭乱と言う。柳成龍は、王の信頼が厚い人物だったという。今も韓国で、一番といっても過言ではないほどのセレブで、1999年には慶尚北道にある故郷の邸宅をイギリスの女王エリザベス二世が訪れている。その時に、クイーンの誕生日が近くだったので、パーティーを開いたんですよ。必ず通訳を介して話しをしました。 直接、話しかける事が失礼に当たるほどの地位にある女王が、あいさつの後、もう一度、彼の顔を見るために戻ってきたというから、もしかしたらファンになっているのかもしれない。そんなイギリスの女王様をも時めかせてしまう高貴な韓流スターが結婚についてはどう考えているかインタビューに応えている。

真面目に応えましょう。年をとるごとに現実的になっています。人生、生活を共にするという事は、単に愛情があるだけではダメ。私の正確から言っても、結婚するからには、失敗してはいけないと思っています。だから慎重になるのかなぁ と自分の性格を頑固で自己主張が強く、情に厚いと分析している。好みのタイプは一緒にいて気が合う、楽しい人と言っている。完ぺき主義者でリーダーシップがあり、それでいて、顔も地位も全てを持ち合わせているリュ・シウォンに完璧な女性が現れる事をお祈りしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080425-00000005-ykf-ent

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。